Pen(ペン) 2016年 4/1号 移住しよう。 雑誌 − 2016年3月15日 発売

メニューを閉じる

コンテンツ

メニューを閉じる
サイトリニューアル

雑誌 Pen(ペン)

雑誌 Pen(ペン)は、1997年創刊の月刊誌ギリーがその翌年にリニューアルされ、月刊Penとして新創刊されました。
ファッションからアートやデザイン、映画や音楽などのカルチャーや日本の伝統工芸、さらには腕時計やカメラといったプロダクトまで。「上質な日常はすぐそこにある」をコンセプトに、さまざまな情報を発信します。
Pen(ペン)の発売日は、毎月1日と15日発売です。

Pen(ペン) 2016年 4/1号 移住しよう。 雑誌 − 2016年3月15日 発売

Pen(ペン)

Pen(ペン) 2016年 4月1日号に掲載していただきました【特集】移住しよう。

住み慣れた場所を離れて、新たな地へ移り住む人々がいる。
故郷へのUターンや、休日を過ごすセカンドハウスではない。
彼らは「自分らしい生き方」を見つめて、新天地に居を構えた。
見知らぬ地で不安もあっただろう、どんな日々を送っているのだろうか。
移住を成功させた家族の暮らしと仕事を、日本各地で取材したら、「この土地に来てよかった、前の暮らしには戻れないですね」
そんな言葉があちこちで返ってきた。そして晴れやかな笑顔……。
人々を包み込む地方の豊かさや優しさは、きっととても深いのだ。
理想の暮らしを実現させた彼らの姿には人生のヒントが詰まっている。

ruskの店舗と住居を取材していただきました。

特集 移住しよう。

移住しよう。

理想の暮らしを実現した、14組の移住。
沖縄 │沖縄で試みる、新しいコンクリート住宅。 畠山武史 建築家

高知 │高知の人と文化に惹かれ、軽やかに移住。
八ヶ岳 │八ヶ岳南麓で叶えた、四季を愛でる住まい。
山戸浩介・ユカ レストラン「ディル イート、ライフ(DILL eat,life.)」オーナー
能登島 │晴耕雨読の生活を支える、美しい能登の海。 奈良雄一 建築家/デザイナー
蒜山 │蒜山の土地を耕し、一体となって生きていく。 高谷裕治・絵里香 農家/「蒜山耕藝」
篠山 │多くの縁に誘われ見つけた、里山の豊かさ。 
小菅庸喜 「アーキペラゴ」店主/スタイリスト
外房 │サイズダウンした家で、未来の生活を占う。 鈴木菜央 greenz.jp編集長
彦根 │自身の作品に重ねる、100年モノの深み。 青柳 亮 木工職人
滋賀 │運命的な出合いだった、築80年の古いビル 中西洋人 木工作家
北海道 │学生時代に抱いた夢が、ワインに結実した。 中澤一行 醸造用ブドウ農家
甲州 │DIYを楽しみ、菌もよろこぶ最上の環境。 
小倉ヒラク 発酵デザイナー/アートディレクター
吉野 │移住者の発想で生まれた、シェアハウス 坂本大祐 デザイナー
沖縄 │ゆっくりと完成を目指す、理想の外人住宅。 セソコマサユキ 編集者/ライター
天草 │天草の明るさに導かれた、穏やかな日々。 
小澤麻裕・朋子 カフェ&セレクトショップ「麻こころ茶屋」オーナー

コミュニティこそ、地方移住の決め手。
東川町 北海道上川郡 │北の田舎町に生まれた、人が人を呼ぶ好循環。
糸島市 福岡県 │新しい移住のカタチ、「糸島スタイル」始まる。
松江市 島根県 │風情ある城下町が、IT技術者に人気な理由。
上勝町 徳島県勝浦郡 │ゼロ・ウェイストの町は、老若男女みんなが熱い。

移住を支援する、地方自治体のアノ手コノ手。
町と人をしっかり知るための、おためし体験。

移住した経緯や2014年にフルリホームした建物のことなどを掲載していただきました。
書店で見かけた際には是非手に取ってご覧ください。

掲載アイテム

style